髪の毛を気にする男性

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症する薄毛や抜け毛などの症状ですが、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が酵素「5αリダクターゼ」と結びつき、変換された物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって、発毛サイクルのが乱れることによって起こるといわれています。

前頭部、こめかみあたりから徐々に薄毛が始まり、いわゆる「M字ハゲ」になったり、頭頂部が薄くなったり、また両方が禿げてくるなどの症状があります。
遺伝性の要素が強いため、親族や親せきなどに薄毛や脱毛の症状がある場合には、体質を受け継いでいる場合が多いのも特徴です。
多くの男性を悩ませているAGA(男性型脱毛症)ですが、治療法としては現在のところ、生活習慣の改善やストレスの回避などもありますが、近年になって、AGA(男性型脱毛症)の定番治療薬として、フィナステリドやミノキシジルが薄毛に有効な薬として開発され、症状の進行を食い止めることが可能となってきました。

フィナステリドのおもな働きは、酵素「5αリダクターゼ」の分泌を抑制する働きがあるとされており、新たな脱毛を防いでくれる効果が期待できます。
また、ミノキシジルには、すでに脱毛してしまった毛根の血行を促進し、拡張させる毛根をことで、再生をさせる効果があります。
この2つの薬剤には、それぞれの優れた役割を期待することができ、「禿げさせないフィナステリド」と、「発毛させるミノキシジル」といった感じです。
両方を併用することで、より早く効果を実感することができるでしょう。
もしも、AGA(男性型脱毛症)が原因での薄毛の場合には、ほかのどんなに高価な育毛剤を使用しても、効果は期待できません。
ご自身の体質に合わせて、少しでも早く適切な治療を行うことが大切です。

プロペシアの服用について

AGA治療で有名な薬にはプロペシアがあります。
プロペシアはフィナステリドが配合されています。
このプロペシアを服用前に知っておくべきこととして、まずは全ての薄毛、脱毛に必ずしも効くわけではないと言うことが挙げられます。

ただ、プロペシアを毎日服用しなければ、持続的な効果がみられないため長期間の服用が必要となります。
そのため、費用が嵩むため病院で処方されるのではなく、ネットで安くプロペシアをまとめて通販する方もいるようです。
プロペシアが有効なのは、発毛や育毛を阻害する強力な男性ホルモン、その生成に大きく関係している特定酵素に関してです。
ですから例えば、頭皮のかゆみが起きる人や頭皮の血行不良により発毛や育毛に支障が発生しているなど、生活習慣の乱れが大きな原因になっていると言う場合には、プロペシアを利用しても効き目を実感するのが難しいことも考えられます。
自分の薄毛、脱毛がどのような原因で引き起こされているのかと言うのは、病院で診察をしなければわかりません。
ですから安易に、自己判断でプロペシアを利用すると言うのは避けるべきです。
それからプロペシアは、副作用の危険性が完全に否定できるものではないと言うのも知っておくべきことです。
どのような副作用が出てくる危険性があるかと言うと、まずは男性機能の低下、活力や気力の低下などが挙げられます。

また男性らしい体作りに対して影響が出てきて、乳房が膨らむ、体が丸みを帯びてくるなど、女性らしい体に近づいていくことなどもあるようです。
そして肝機能に対しての副作用も指摘されています。
こうした副作用は、プロペシアを飲んでいる時は勿論のことですが、中断したり、服用を終了した後にも出てくることがあるので注意が必要です。
そしてプロペシアは、女性にとっては禁忌薬であると言うのも知っておくべき点です。
これは女性が飲むと、その健康に対して大きな作用をもたらしている女性ホルモンの分泌量にも影響が出てくる可能性があるためです。

また、妊娠を意識している女性や、妊娠中の女性に関しては、触れることも禁忌だとされています。
これは胎児の性機能発育に影響が出てくる恐れがあるためです。
ですからプロペシアを服用しようと言う男性の方は、その保管に気を使うことが求められます。

AGAには前兆あるの?

いきなり頭髪が薄くなるようなことはありませんので、何かしらに前兆があるのがAGAです。
それをいち早く知ることができる人ほど、早急に対策を進めることができ、それに伴い現在ある頭髪が薄くなることを防ぐことができるでしょう。
すべての症状に同じことが言えますが、初期段階の対策がきちんとしていれば、それだけ対処も大掛かりにならずに済みます。
それはAGAにおいても同じことが言えますので、その前兆を見逃さないようにしましょう。

落ちている髪を観察してください。
その抜け毛が細く、先が尖っている状態であれば、AGAの前兆と言えます。
その理由は、健やかに成長をせずに、抜け落ちたことを意味しているからです。
細い頭髪はそれだけ健やかに成長をしていないことを指しています。
また先が尖っているのは、髪を切ることもなく、抜け落ちたことを意味しているサインです。
すなわち正常が成長をせずに抜け落ちたことを指しています。

AGAは男性ホルモンが原因で引き起こされますが、細く先が尖っている抜け毛というのは、明らかにそのサインです。
そのような抜け毛が多ければ、それだけAGAの前兆と言えるでしょう。
早急に対策が必要です。
AGAの治療において重要なことは、原因を取り除くことになります。

その方法として抜毛を促進させるジヒドロテストステロンを作らせない体作りが重要です。
AGAの原因である男性ホルモンを産生させないために効果がある医薬部外品もありますので、自分に合った対処をするようにしてください。
特にAGA治療は保険適用がされませんので、続けられる治療を選ぶことが重要になってきます。

記事一覧
髪の毛に心配する男性

AGAの略称でも知られている男性型脱毛症とは、こめかみの上から脱毛が始まり生え際の後退によっていわゆ...

髪に気をする男性

フケが多くて気になっている人や、しっかりと頭を洗ったのにかゆみがあって悩んでいる人もいるでしょう。 ...

櫛を持っている男性

男性型脱毛症による薄毛の症状を改善させるためには、プロペシアを飲むという方法があります。 このプロペ...

悩んでいる男性

「最近、薄毛がひどくなった」、「シャンプーの度に抜け毛が気になる」など、薄毛や抜け毛で悩んでいる男性...