• ホーム
  • 男性型脱毛症の薬を輸入する時のチェックポイント

男性型脱毛症の薬を輸入する時のチェックポイント

個人輸入を利用して男性型脱毛症に効く薬が購入されることがあるようです。
治療薬としては内服薬及び外用薬があり、いずれも病院や薬局で購入するよりも安く済ませることができます。
また、医師の処方箋が不要ということもあり簡単に手に入れられるのも利用される理由の一つです。

ただし個人輸入を利用する時にはチェックしなければいけないポイントがあります。
まず本物であることが大切と言えるでしょう。
個人輸入で販売されている物の全てが本物というわけではなく、中には偽物もあると言われています。
海外では偽物の薬も作られていますので、そういったまがい物が紛れているケースもあるのです。
個人輸入で買う場合はリスクが高まりますので十分に注意する必要があります。

本物を手に入れる為には信頼のできる輸入代行業者を利用することが大切ですので、その為にも実績があるところを選んだ方が失敗が少ないはずです。
開設されてからの歴史があったり、多くのリピーターが定着しているようなところなら本物の可能性が高くなります。

成分鑑定をしているところですと尚安心感は高くなると言えるでしょう。
第三者機関に成分を鑑定してもらって結果を公表しているところもありますが、そうした輸入代行業者ならさらに安全な物が買える可能性が高いです。

安全に使用できる薬なのかどうかもチェックポイントと言えます。
例えば外用薬に関しては有効成分の濃度に違いがある物がいくつか売られていたりしますが、物によっては濃度が高過ぎることもあるのです。
日本では推奨されていない濃度の物が海外では販売されていたりしますし、リスクがある物を使ってしまうと健康を害することもありますので自身に適しているのか見極めなければいけません。

関連記事